スポーツ障害(野球肩等)

院長自身が、学生時代に野球で肩や肘を壊して治療家に就いた経緯がありますので、野球肩や野球肘に関しては思い入れを持って治療に当っております。

投球時に肩が痛い・肘が痛いといっても、そこだけ治せば良いというものではなく、全体的なフォーム・下半身の使い方・更には根本的な筋肉や関節の柔軟性を見直さないと、一時的に痛みが引いたとしてもおそらく再発するでしょう。

特に重要視するべき部分としては『股関節』。

股関節の柔軟性が欠如することで、下半身の踏ん張りに無理がかかり、体重が外に逃げざるを得なくなります。

その状態でボールをリリースすると、膝や体幹がぶれた状態でのリリースになりますので、ボールに力が伝わらない状態でのリリースになります。

そうすると、腕を振った時の負担が全て肩や肘にかかってきて、勤続疲労となって蓄積してきます。

その蓄積が爆発した時に、痛みとして現れてくるのです。

ですので全体的なバランスを診た上で治療をしていかない限り意味がありません。

当院では、例え野球肩や野球肘といえども、脚や股関節・手首や背骨等々の動きをチェックして治療を施していきます。

また、普段できるセルフケアなども都度レクチャーさせていただきますのでので、根本的な改善が見込めます。

特に柔軟性やクセは、若い時に修正していかないと、どんどん固まっていきますので、ご自身の痛みだけでなく、お子さんの将来のため、ケガの予防・クセの修正もしてあげてくださいね。

MENU